【2015北京】北京旅行記まとめ 〜中国4,000年の歴史と人の多さに圧倒される旅〜

北京。人だらけ

海の日の3連休を4連休にすることができたので、北京に行って来た。

img_3269

skyscannerで安い航空券は無いかなぁと探していたところ、北京がヒット。

北京といえば紫禁城とか万里の長城とか世界遺産がいっぱいあるし、これは北京に行くしかないと思い、目的地を北京に定めていろいろ探す。

skyscannerとかexpediaとか航空会社のHPとか、比較しながら詳しく見てみるとANAの航空券と大韓航空が安そうと判明。この2社では、チケットの値段が両者ともそれほど変わらなかったので、それならばマイルとかプレミアムポイントも溜まるし、ANAにしようと思い早速予約。以下の行程で発券した。

旅行の日程

1日目  7:50:新千歳 → 9:25:成田 (ANA2152)
    10:35:成田  → 13:25:北京首都空港 (ANA905)

2日目 北京市内観光(紫禁城・天壇etc)

3日目 万里の長城・北京市内

4日目 14:20:北京首都空港 → 18:20:関西空港 (ANA980)
    19:20:関西空港 → 21:25:新千歳空港 (ANA1719)

札幌からの往復なので、行きは成田経由、帰りは関西空港経由となった。

北京に行くにあたって、行きたいところをピックアップしていくと

dsc01182

万里の長城とか

紫禁城とか

天壇とか

その他にも頤和園とか円明園とか、まぁとにかく結構なスポットがある

いろいろあるけど、まぁ4日間もあるし何とかなるだろうくらいの気持ちで、特にプランニングはせずに出発することにした

北京市内の宿泊先

宿泊先だけ予約しておこうと思って、ホステルを予約していった。

どうせ観光ばっかしでホテルにはほとんど戻って来ないだろうから、寝られれば良いやと思ったのが理由。

宿泊先は

テンプルサイド リアンリアン胡同ゲストハウス (Templeside Lian Lian Hutong Guest House)

北京に昔から残る胡同とよばれる、共同住宅のようなものを改装したホステル。

ここにした理由は、比較的中心部にありながら1泊1,000円以下と圧倒的に安かったからという理由とAgodaとかのサイトで評価が高かったから


3泊することになったのだが、3泊の合計で2,000円以下とビビるくらい安く予約できた。

ドミトリーの部屋から個室まで色んなタイプの部屋があって、それにお手洗いとかも清潔!一人旅にはもってこいの宿です。

レビューはこちらから→テンプルサイド リアンリアン胡同ゲストハウス 

旅行記

1.新千歳〜成田〜北京、北京の繁華街「南鑼鼓巷」と歓楽街「什刹海」へ
2.北京市内観光 大混雑の天安門・紫禁城と天壇公園、北京の「銀座」王府井
3.北京市内からバスで万里の長城へ  〜万里の人城を見学〜 
4.リベンジ紫禁城、紫禁城は午前中の早い時間の見学がオススメ
5.北京→関西 ANAビジネスクラスへインボラアップグレード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする