【2015西安・兵馬俑】旅行記まとめ  〜秦の始皇帝の偉業を見に行く旅〜   

西安と兵馬俑へ

img_4671

11月下旬に西安と兵馬俑に行ってきた

もともと中国史に興味があって、秦の始皇帝の遺跡を見たかったというのと、北京旅行時に食べた麻辣扮を食べて以来、またあの辛さの食べ物が食べたくなったというのが理由。

辛いのを食べたい気持ちも強かったので、最初は四川省に行って、本場激辛の麻婆豆腐でも食べようかと思ったけど、麻婆豆腐のためだけにわざわざ四川省まで行くのもおかしな話だし、行くからには何か遺跡でも見たいと思っていた。

四川省で行きたいところは楽山大仏パンダ笑くらいだけど、わざわざ大仏とパンダ見に行くのに何万もする航空券買って、時間かけて行くのも変な話だなぁと

そんな時ふと思いついたのが「西安」。西安と言えばかつては「長安」と呼ばれた、随・唐の都。なんといっても兵馬俑は魅力的だし、西安もおもしろそう

ここしかないと思い、気づいた時には航空券の予約が完了していた笑。

航空券について

img_6918

そんな思いつきで決まった今回の旅行だが、北海道からANA便を使う事にした。北海道からなので、三大都市圏からしか国際線が無いANA便だと東京経由しかない。まぁ西安は日本からの直行便がないので、必然的にどこかしらを経由することになるが・・

今年は出張も多く、この時点でANAのプレミアムポイントが40,000ポイントを超えていたので、どうせだったらANAを使ってプラチナ会員になってやろうと思ったわけで

ANAのサイトから探してみると、北京経由がヒットしたのでそれにした。北京で一泊必要になるがしょうがない。ネットで調べてみると、北京空港内にはホテルがあるとの情報もヒットしたので、それで行くことにした。行程は以下の通りで取った。

旅行の日程

1日目:札幌発→千歳空港→羽田空港→北京首都空港 (泊北京空港)
2日目:北京首都空港→西安咸陽空港→西安市内観光(泊西安)
3日目:兵馬俑→西安市内観光(泊西安)
4日目:西安市内観光→北京空港→羽田空港→千歳空港→札幌

最終日、羽田空港を経由して新千歳空港に戻ってくるのは23時(というか、それしかなかった)

23時に千歳空港に着いても、最終のJR快速エアポートは発車している時間。札幌駅行きの臨時バスが出ているとアナウンスはあったが、バスも最寄り駅まで行ってくれる訳ではないので、結局札幌駅からタクシーに乗ることになるはめになる。それならばと思い、最初から車で往復することにした。

実質丸一日観光できるのは、3日目の1日だけになったがまぁ良しということで。 。。

旅行記

1.羽田空港から北京空港へ、北京空港ターミナル内のホテルに宿泊
2.エアーチャイナ突然の欠航と、西安市内(大雁塔・西安城壁)観光
3.西安から遊5(306)バスで兵馬俑へ、秦始皇帝陵博物館を見学
4.西安城壁、夜の西安市内散策(餃子の名店と回坊風情街)
5.遅れるエアーチャイナと、雪で大混乱の北京空港を経由して帰国

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする