【2015ミャンマー】7.バガン散策2日目、シュエサンドパヤーで綺麗な夕日を見る  

バガン2日目は、昨日行かなかったところを中心に、最後はシュエサンド・パヤーで夕日リベンジをすることにした。

昨日と同じ電動バイクを借り(1日6,000チャット=600円)、ニューバガンエリアからオールドバガンへ走らせる。車もそれほど走っておらず、至極快適。ニューバガンからオールドバガンまではバイクで10分くらいの距離だが、その道中にもいくつかのパゴダがあったので立ち寄ることにした。

Seinnyet Ama か Naga Yon Hpaya(たぶん)

f:id:e-curiosity:20151223145421j:plain

メジャーどこのパゴダと違って、管理が行き届いている訳ではないが、保存状態はとても良い。何かの雑誌の見開きに使えそうな雰囲気。

オールドバガンのちょっと手前にあるのがこのMingala Zedi(ミンガラー・ゼディ)

f:id:e-curiosity:20151223145455j:plain

綺麗な形のパゴダ。テラスがあって階段もあるが、上れるのは途中まで。最上段まで上れないため、景色は大して良くはなかった。

オールドバガンは素通りし、またもやシュエサンド・パヤーへ。今日は天気が良く、眺望もgood。夕日に期待して次の目的地へ。

f:id:e-curiosity:20151223145600j:plain

昨日寄ったダヤマンジー寺院を横目に見ながら、一路目指すパゴダへ。バガンはどこもこんな感じで、畑や住居の中にパゴダが林立している。地元住民も結構お参りに来ており、今でも現役のパゴダばっかり。お詣りする事が地域住民の生活の一部になっている。

f:id:e-curiosity:20151223145818j:plain

バイクを走らせること数分。目的地のスラマニ寺院へ到着。すらっと伸びる尖塔が特徴的で、個人的にバガンにあったパゴダの中で一番綺麗だと思う。少し外れにあるため、人も少なくゆっくりできる。

f:id:e-curiosity:20151223150336j:plain

内部は他のパゴダと大きな違いはなく、仏像がある。ここでもやっぱり地元の人が参拝に来ていた。

f:id:e-curiosity:20151223150611j:plain

ここで昼になったのでご飯を食べることに。地球の歩き方や他の人のブログを見ると、オールドバガンにはレストランはあまり無く、ニャウンウー(Nyaung Oo )にリーズナブルなレストランが集まっているとのこと。またも電動バイクにまたがり、一路ニャウンウーへ。ニャウンウーにはレストランが一杯あり、どこにしようか考えたが昼時ということもあってどこも観光客だらけ。そこでメイン通りからちょっとだけ路地に入ったところにあったこのレストランにイン!

f:id:e-curiosity:20151223150657j:plain

伝統的なミャンマー料理の店だったので、川魚のカレーとビールをチョイス。

f:id:e-curiosity:20151223150730j:plain

一品(+ビール)しか頼んでいないのにこの量ww全部食べようと頑張ったが無理でした。ビールもキンキンに冷えたものが出て来るし、味も良いので是非ご賞味下さい。気になるお値段は忘れましたが、ビール頼んでも5,000チャットくらいだったような気がします。

さて、折角ニャウンウーエリアまで来たので、シュエズィーゴン・パヤー(Shwezigon Paya)へ。ばっちり現役の宗教施設で、地元住民でごった返していました。参道があり、ところ狭しとお土産屋が並ぶ横を通り、仏塔へ。

f:id:e-curiosity:20151208211222j:plain

中には仏陀の骨が埋められているそうですが、例のごとく立ち入り厳禁。(・・なんかこの頃から仏塔に飽きてきたような感じwwどこも同じに見えるし、違いがよくわからん)一通り見て、退散。オールドバガンに行くことに。

ニャウンウーからオールドバガンへの道は整備された舗装路でとても走りやすい。

f:id:e-curiosity:20151223150813j:plain

向かったのはここ。ブー・パヤー何でも相当古い時代に作られたパゴダらしく、とっても簡単な造り。自分でも作れそう。

f:id:e-curiosity:20151223150835j:plain

川沿いにあるので、パゴダからはエーヤワディー川が一望できる。

f:id:e-curiosity:20151223150850j:plain

雨季なので水量が多く、川の水も濁っている。クルーズはどうだ?と営業を受けるも、特に見所がなさそうなので断った。(あとは日中だったので暑くて暑くて死にそうだったのも断った原因)一旦ホテルに戻って夕方まで待つことに。

そして4時過ぎ。日も傾いてきたので、シュエサンド・パヤーへ出向くことに。結構早い時間に出て来たが、もう既にかなりの人が上層部まで上ってスタンバイしている。急いで上って場所を確保。雲も出ているが、今日は太陽がはっきり見えるので期待できそう!

f:id:e-curiosity:20151223151513j:plain

時間が結構あるので、最上部を一周。太陽が出ている方向よりも、日の光を受ける反対側の方が綺麗と判明!場所をかえて再度スタンバイ!

f:id:e-curiosity:20151223151627j:plain

光と影がはっきりしてきて、既に綺麗!さらに待つこと数十分。

日もかなり傾いてきて、絶景になってきたー!

f:id:e-curiosity:20151223151707j:plain

方角を変えてみる。

f:id:e-curiosity:20151223151752j:plain

いよいよクライマックスに!

f:id:e-curiosity:20151223151830j:plain

そして日が沈む。

f:id:e-curiosity:20151223151936j:plain

最後日が沈む直前には、5段あるうちの最上部と、4段目が人で埋め尽くされていた。ここで夕日を見る時は、時間に余裕を持って行く方が良さそう。なにはともあれ今回のミャンマー旅行のメイン目標だったバガンの夕日が見れて良かった。想像していたよりも良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする