【2016年末】7.クラクフからヴィエリチカ岩塩坑へ電車で、3時間の見学ツアーに参加

クラクフからヴィエリチカへは電車で

クラクフの郊外にある世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑へ向かうことに。世界遺産のヴィエリチカ岩塩坑はWieliczka Rynek-Kop駅から徒歩5分ほどの距離にあるので、まずはクラクフ駅からヴィエリチカまで電車で行けばOK

クラクフ駅からはヴィエリチカまでは電車で20分の距離。

事前にポーランド国鉄の時刻表サイトで調べた結果では、電車は大体30分に1本の割合で走っている。それならばどのタイミングで行っても良いか!と思い、特に時間は決めずに駅へ行く事にした。

早朝のクラクフ旧市街の散策から一旦アパートメントへ戻り、ちょっと休憩してからクラクフ駅へ。

昼間は混雑している駅併設のショッピングモール

ポーランドの駅には改札が無いので、正しい切符を乗車前に駅で買って、乗りたい電車に乗るだけ。ただし車内では改札があるので、そのときに切符を持っていなければ請求されたり、場合に寄っては罰金を課せられたり。。という感じ。

クラクフの駅構内にはこんな切符販売マシンがあったので事前に切符を購入。言語設定が出来るので英語にして、目的地の駅名を入力すると料金が表示されるのでとても簡単。

駅のホームへ向かうと、タイミング良くヴィエリチカ駅行きの電車が来たので乗る。世界遺産のある岩塩坑の最寄り駅Wieliczka Rynek-Kop駅は終点になっているので、のんびりと乗っていれば大丈夫。

20分ほどの乗車でヴィエリチカに到着。なんだかひなびた雰囲気で良い感じである。

ヴィエリチカ駅の前には看板が出ていて分かりやすい。岩塩坑のツアーは、通常のコースTourist Route と、より体験型のMiner’s Routeの2パターン。tourist route と miner’s routeでそれぞれ入口が異なるらしいのでその点注意。

駅前の坂道を上ると、すぐに到着。

ここがヴィエリチカ岩塩坑。あれ?なんか思っていたよりしょぼい?

ヴィエリチカ岩塩坑の英語ツアー

チケットブースでチケットを購入。チケットは84ズロチ/人。それとは別で写真撮影料で10ズロチかかる。こんな観光地なんだしみんな写真撮るだろうし、最初からコミコミで94ズロチで良いのでは?と思うのは自分だけ?

ここでは個人で周ることは出来ず、各言語で提供されているツアーに参加して坑内を周る感じ。英語のツアーは30分に一回程度開催されているので、英語ツアーに参加することにした。

建物の中で待機。この日は大晦日であんまり混んでいないと踏んで来たのだが・・意外と混んでた

ツアー参加者はインカムを渡されてガイドの解説を聞きながら坑内を周る。一回のツアーで大体50人くらい。

早速坑内へ。

まずは果てしないくらい長い階段を降りて行く。解説のよると一番深いところで300メートルほどらしい。300メートルって東京タワーとほぼ同じくらいだしww

その深さを延々と階段で降りていきます

で、肝心の坑内は結構アトラクション感がすごい。

この岩塩坑が13世紀頃からあるので、昔はこうして採掘してましたよ〜とか、坑内ではこんな生活をしてましたよ〜、とかいわば博物館の様になっている。

昔は馬もこの坑内に連れられて働かされていたとか。日光当たらなかったらおかしくなりそうだ。。

誰だか忘れたけど、この岩塩坑での採掘活動を重視し、掘削を推進した王様。なんか夢に出て来そうなビジュアル・・・ww

坑内はところどころもの凄く広い空間になっていて、水が流れていたりする。何だかディズニーランドのアトラクション感

坑内の地下水。嘗めてみたけどもちろんめちゃくちゃ塩分濃度高め。結晶も固まってるし。

坑内の池。塩分濃度が高いと水が青色に変色するらしい

そしてここがヴィエリチカ岩塩坑で一番の見どころ。聖キンガ礼拝堂。岩塩坑の内部なので、壁や模様も全て塩!

最後の晩餐(塩バージョン)

その後も似た様なところを見学し、およそ3時間でツアーは終了。

ただこのツアーの終点は地下。それも地下300メートル。まさかここから階段で上がるの・・??

と、思っていたら。なんとエレベーターがあるらしいww  何ともまぁハイテクな岩塩坑

行きは階段。帰りはエレベーターであっという間。

余談で、これは地下のエレベーターに向かう途中にあった宴会場。この日は大晦日だったこともあって何かにパーティーが予定されていたらしい。ぱっと見普通の宴会場。エレベーターもあるし、携帯も繋がるし、トイレもあるし、地上と変わらないけどここは地下300メートル。こんな場所でのパーティもおもしろそう。。

エレベーターで地上に上がり、そのまま駅へ向かってクラクフ行きの電車に乗った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする