【2017成都】2.成都市内観光vol1 成都の繁華街「寛窄巷子」とデパートの壁のパンダ

成都市内観光へ

ホテルに荷物を置いた後、そのまま成都市内観光へ

ホテルの周囲は春煕路とよばれる繁華街。デパートとか高層ビルが立ち並んでいる商業中心地といった感じ。

なのだが、よーく見てみるとそのデパートの壁面に何やら変なものが・・

ん?なんだあれ?

近づいてみる

これはアレだな。笑

妙に体つきの良いリアルなパンダが壁にかかってました。

しかもPRADAの真上ww  もう少し丸みを帯びたマスコット的な遊び心のあるパンダにすれば良いのに

ちなみにこの地域には伊勢丹なんかもあってさながら中国に居る感じしないww

成都の繁華街『寛窄巷子』へ

ちょっと訳あって成都東駅に行ったりしていたらもう夕方。

そんなに遠くにも行けないので、ホテルから地下鉄で2駅のところにある「寛窄巷子」(かんさくこうし)に行ってみることにした。

持ってった地球の歩き方成都編によると、

「明とか清の時代からあった歴史ある建物群が、最近リノベーションされておしゃれなスポットに生まれ変わった成都一のおしゃれスポット」

と書いてある。

取りあえず行ってみる事に。

地下鉄に乗って「人民公園駅」で下車。

ちょっと歩くと入口。なんか雰囲気でてきた。

じゃーん。 こんな感じ

あーなるほど昔ながらの雰囲気を残しつつショッピングゾーンにした感じね

オブジェ的な何か。多分「地元のアーティストが作ったんですよ」的ななにか

スターバックスも現地の雰囲気にとけ込んでます。この感じは日本にあってもいいんじゃない??

そういえばスタバってその土地のタンブラーとかマグカップがあるのを思い出す。成都のやつはどんなんだろ??

あれ?結構かわいいかも。。ということで上の棚のやつを一つお買い上げ

お土産屋さん。もうパンダ推しがすごい。着ぐるみ来たりパンダのオブジェ置いたり、お土産もパンダグッズばっか。

何やら人だかりがあったので行ってみる

変な龍のオブジェ

寛窄巷子で小吃食べ歩き

中国では「小吃(シャオチー)」と呼ばれる簡単に食べられる軽食がどこでも売られているが、ここの寛窄巷子でも小吃のお店がたくさん。

歩き疲れたら食べながらちょっと一休み、なんてこともできちゃう感じ

小吃を売るお店がたくさん

その場で作ってくれるので出来立てで食べられる

小腹も空いたので立ち食いでは無くて座って食べられるお店に入ってみた

突き出し的な何か。見るからに辛そう・・

どうやら各テーブルに一つずつあって、串1本の値段が決まっている感じ。最後に食べた分だげ会計

見るからに辛そうなものをいくつか食べていると、注文した麻辣扮が到着。これも見るからに辛そうな感じねww

結果途中から汗が出て来てとまりませんでしたww

そんなこんなしていると夜も遅くなって来たのでホテルへ帰還。

翌日は早朝から楽山大仏を見るために、楽山まで行くのでさっさと就寝。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする