【2017GWペルー】13.リマから日帰りナスカの地上絵 vol2.リマからcruz del surでピスコ空港へ

バスでパラカスへ

さて今回、リマから日帰りでピスコ往復をすることにしたので、プーノから帰ってきてからのリマの宿は、cruz del surのバス乗り場の近くにしておいた。宿のおっちゃんいわく、宿からcruz del surまでは「ベリーベリーニアー」とのこと。バスが7時発だったので、宿を6時45分にでたら間に合うよ!とのことだった。

ところが、何を血迷ったかこのラテン系のおっちゃんの言う事を間に受けてしまい、出発の朝は悠長に6時起床。6時半くらいから朝食をのんびり食べるという大失態。しかも朝食が出て来るのが遅く、出発したのが6時50分頃、5分でつくなら間に合うなと思っていたけど実際は10分弱かかったので、cruz del surのバス停に着いた時にはもうバスは出発直前。なんとか駆け込み乗車で飛び乗った。

なんとか間に合った。もうラテンなおじさんの言う事は信じない。笑

とまぁ散々な結果だったのだけれど、無事乗れたのでまぁOK。ちなみにバスのチケットは事前にHPで購入し、eticketだったので助かった。これが窓口でのチケット引き換えとかだったら遅れてたな・・。

今回はcruz del surで移動。ペルー国内には星の数ほどバス事業者があるみたいだが、その中でも評判が良いのが、今回選んだcruz del sur。折角なのでVIPクラスを予約しておいた。リマからピスコの近くパラカスまで片道68sol(=2,400円)


パラカスまでは約3時間の長旅。

cruz del surの車内

車内は2階建て。んでVIPクラスは一階部分。

2階建てのバスなので、天井に若干の圧迫感を感じるが、横に3列のシートなので結構ゆっくりできる。

モニターも付いてる。ただしスペイン語のみ対応なので、スペイン語が分からない自分にとってはあっても無くてもいっしょ。笑

VIPクラスなのでお食事も出るよ。パン。これは美味しかった。

もぐもぐ食べてたら車窓には海が。これは太平洋。日本で見る太平洋の反対岸。そう考えると遠いところまで来たなぁ・・としみじみ。

それにしてもなんか寒そうな雰囲気。海水浴なんてできるのかな?なんて思っていたら

一応海の家っぽいものもあった。

途中寝たりしながら一路パラカスへ。途中でAerodiana社からメールが来て、

「今日は天気も良いから11時−12時くらいには飛べるよ。何時頃来れそう?」

とメールが。相変わらずの友達風情だけど、

「10時過ぎにパラカスのバスターミナルに着くよ」と返信。そうするとまたしても

「OK」と軽いお返事。もはやお約束だな。笑

パラカスからピスコ空港へ

リマから3時間ほどでパラカスに無事到着。このままタクシーでも拾ってピスコ空港へ向かいたいところだが、今日はリマに帰らないといけないので先に帰りのバスの予約をしていくことに。一応事前にネットの時刻表検索で、帰りの便が1時間に1本くらいはあることは確認済みだったが、もし満席だったら終わりだな、と思いつつカウンターで予約。

途中システムエラーで15分くらい待ちぼうけだったけど、何とか4時10分発のバスを予約。


バスターミナルからピスコ空港までは車で15分ほどの距離なので、タクシーを拾って向かうことに。値段は15solぐらいだったような・・。Aerodiana社の支払いはドル建てなので、途中でATMにも寄ってもらいつつ空港へ

そんなこんなで無事にピスコ空港に到着!なんか人気のない空港だな。笑

何はともあれ、無事に着いた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする