【2017GWペルー】15.リマから日帰りナスカの地上絵 vol4.パラカス散策&リマへ戻る

パラカスへのタクシー

さてピスコ空港での地上絵フライトが終わったので、取りあえずパラカスのバスターミナルへ戻ることにした。フライトが終わったのが13時30分頃、んでリマに戻るバスが16時過ぎなので、ちょっと時間が空いた。行きに見た感じ、パラカスには何か色々ありそうだったので取りあえずパラカスまで戻って時間つぶしをすることに。

取りあえず同じ飛行機に乗っていた人たちの所へ行って見たが、この人たち何とパラカスのホテルに滞在中で、そこから空港まで送迎してもらっているらしい。

ダメもとでホテルのスタッフに「固い事言わずにパラカスまで乗せてよー」とお願いしたけどやっぱりダメ。そうこうしている間にみんなタクシーに乗って帰っていった

そして誰もいなくなった。笑

仕方がないのでこの価格板を頼ってタクシーを呼んでもらうことに。と思ったけど本当に誰もいなかったので空港の入口にいる警備のおっさんのところまで行って呼んでもらった。

ちなみにここがおっさんがいる空港入口に詰所みたいなところ。ピスコ空港に行くなら覚えておいて損は無いかも。笑

待つ事15分でようやくタクシー到着。

パラカスまで戻ってくれー。お値段20solなり。

パラカス散策

さてパラカスに戻ったところでお昼時なのでランチタイム。

パラカスはリゾート地でお店はいっぱいあるんだけど、昼下がりでどことなく気だるい雰囲気が漂ってた。

適当に歩いて営業していたコチラのお店へ。

う・・何か怪しい雰囲気漂うぜ。笑

まぁ気を取り直してビール

と、セビーチェ。これは美味しかった。ペルーで食べたものの中で一番美味しかったしビールに合う。

ちなみに店の名前は「Pukasoncco」。パラカスの街中にあって、cruz del surのバス停からも近いのでオススメ。

パラカスは高級ホテル立ち並ぶリゾート地

ビーチがあって

船着き場もあって

その前にはお土産屋。

リゾート地なので、欧米系とあとはやけに韓国人が多かった印象。日本じゃ知名度はゼロに等しいのに、韓国人には有名なのかしら?何でやら?

ともかく何かとっても良いリゾート。静かなところでのんびりするタイプのリゾートに行きたい人に良いかも。

バスでリマへ

そうこうしている間に時間になったのでバス乗り場へ。

リマまでの帰りはファーストクラスが取れなかったので普通クラス。普通座席といっても2列×2列の普通のシートで快適だった。

パラカスの夕日。

ちゃんとお食事も出る。口の中の水分が無くなる系のパンとケーキ。

パラカスからリマまでは3時間30分の予定。なので16時過ぎに出たら19時30分にはリマに着く予定だったのだが、リマに近づくにつれ渋滞がひどくなって、リマ市内に入った頃から大渋滞。

全然進みませーん。

googlemapでも10キロの道のりが1時間かかるとか言っているし。

結局1時間30分遅れでリマのバスターミナルへ戻ってきた。リマに夕方戻るルートの場合は、時間に余裕を見ていた方が良いかも。

時間が余ればリマの旧市街に行こうと思っていたけど、断念して空港へ向かうことに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする