【2017ネパール】9.ポカラからサランコットの丘へ  展望台からのヒマラヤ山脈

サランコットの丘へ

折角ポカラに来たので、何としてもヒマラヤを見たい。

そう思って、ポカラ郊外にあるサランコットの丘に行くことにした。

サランコットの丘はポカラの市街地から徒歩で登ることもできるらしいけど、徒歩だと半日〜1日がかりらしいので、時間の関係上、車で行く事にした。

サランコットはポカラのレイクサイドから約10キロ。車だと30分ほどのところ。

「サランコットに行きたいんだけど・・」とホテルのスタッフに切り出すと

「ホテルで手配できるよ」とのこと

ほぅ、と思って詳しく聞いてみると、

「朝の4時半発ね」とか訳の分からないことを言っている。笑。

最初はこの人は一体何を言っているんだろう??と思っていたが、よくよく話を聞いてみると、

サランコットの丘は早朝に行かないと、太陽が出てからは雲が多くなるので、ヒマラヤは見えないらしい。

それならしょうがないと、仕方なくモーニングコールと一緒にお願いした。ちなみにホテルで手配した料金は2,000ルピー。街中のタクシーと交渉すればもっと安くなったと思うけど、朝ちゃんと運転手が来てくれるか不安だったので今回はホテルで手配した。

早朝のサランコットへ

そして朝。無事に4時に起床し4時30分にホテルのロビーへ。

無事に運転手と落ち合い、サランコットの丘へ向かう。

運転手は「朝3時から待ってたよー、もう2時間くらい待ってるよ。遅いよ!」

と言っていたけど、何でキミが3時から待ってたのか意味が分からない。笑

それは大変だったねー、とか適当に返事して受け流す。笑

夜明け前なので、まだまだ周りは真っ暗

朝なので車も走ってないし、人もほとんどいないので飛ばす飛ばす。狭いネパールの道を80キロとかで走るもんだから乗ってる方が緊張したわ。

いやーそれにしても朝の日が昇る前は空気がひんやりしていてちょっと寒い。こんな時に限って、Tシャツ+半ズボン+サンダルのリゾートスタイルで来てしまった。笑

途中からは霧がかった山道を登る。運転手に聞くと、サランコットの丘は標高1,500メートルもあるらしい。ポカラの街中の標高は800メートルなので、実に700メートルの山の頂上。スカイツリーよりも高い。

そして山道を登るにつれて霧が目立ちだし、とうとう霧の中を走るように。。

うーん。これじゃあヒマラヤは見えないぞ。。

そうこうしているうちに、頂上の駐車場に到着。

ヒマラヤの眺め

サランコットの丘の頂上へは、頂上の駐車場から階段を登った先にあるらしい。

運転手が「おれは車の中で待っているから行ってこいよ」なんてさぼりたいって遠回しに言ってたので、強制的に連れて行った。笑

嫌々登るガイド兼運転手。昨日も来たらしい・・笑

駐車場から5分程登るといよいよ頂上。

さてどんな眺めかな??

まぁこんな感じ。天気ばかりはどうしようもないよね。

運「いやー。残念だね。今日は見れないかも。よし。帰ろっか。」

いやいやあんた早すぎるよ。笑

ちょっとここで待ってようと諭して、運転手とその辺にいた観光客と話しながら待つ

頂上ではみんなおしゃべりしながら、ヒマラヤが見えるのを待ってた。

だけどいつまで経っても雲は晴れない

たまーに雲の切れ間から光が差し込んでも

すぐにこんな感じに

30分くらい待ったところで、雲も厚くなってきたので退散することに。いやー、こればかりはどうしようもないと分かっていても残念だわ。

そんな悲しい背中しなくても、キミはまた明日くれば良いよ。

ちなみに晴れてるとこんな感じ

見たかったなぁ・・・

見えた?

下山途中の車の中で、突然運転手が大声をあげたので、何事かと聞いてみると

山のてっぺん!と

これ。

まぁ確かに言われてみれば頂上のような気もするけども・・笑

下山途中の風景。晴れてたら絶景なんだろうぁ。。

うん。日頃の行いが悪いのか。笑

ヒマラヤ見たかったなぁ。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする