【2017ネパール】10.ポカラからカトマンズへ飛行機(Yeti Airline)で移動  窓からのヒマラヤの眺め

ポカラにて

サランコットから戻ってきたら天候が回復してた。本当に自分の日頃の行いが悪いのか??笑

さて、この日の早朝から行ったサランコットの丘ではヒマラヤは見えなかったので、本当はもう一泊でもして見えるまで滞在したところだったけど、今回の旅行は日程がギチギチなのでそんな訳にもいかない。そして翌日はお昼の便でカトマンズからデリーへ向かわないといけないので、この日は何としてでもカトマンズまでは戻っておく必要がある。

ポカラからカトマンズまではバス飛行機(+タクシー)の2つ+αの手段があるけど、バスはご存知の通りとにかく時間がかかる。


ポカラとカトマンズの間の距離は200キロくらいなので、距離だけ見ると大した事なさそう。

だけど、道は狭いしカーブは多いし、ところどころ未舗装だし、街中は凄い渋滞で全然進まないし、無駄に休憩時間長いし、でなんだかんだで7-8時間くらいはかかる。ただ値段は安くて、ポカラ−カトマンズで700ルピーとかそれくらい。

一方飛行機だと、ポカラ−カトマンズがなんと25分!まぁその距離なので普通っちゃ普通なんだけど、バスが異常に時間かかる分とても早く感じる。さらに、ポカラ−カトマンズのルートだと、ヒマラヤに沿って飛行するので、天気が良ければヒマラヤを眺めながらのフライトでちょっと優雅な感じ。ただ値段は100ドル〜と、ネパールの基準からするとちょっとお高め。

値段は10,000円くらい違うけど、7時間くらい短縮できるので、今回のように時間が無い旅行の場合は飛行機の一択かと

*ちなみにタクシーは値段が飛行機くらいする割に、時間はバスくらいかかるという、悪いとこ同士の組み合わせなので、どこかに寄りたい場合以外はメリットないと思う。

予約は事前にskyscannerで調べた最安値の航空会社のYeti AirlinesのHPから予約。事前にカード決済しておいた。(120ドルでした)

空港へ

ポカラ空港はレイクサイドの近く。今回は泊まっていたホテルで送迎してくれたので無料で空港に行けた。ラッキー。

とってもこぢんまりとした空港

チェックインカウンターも最低限の設備

一人一人チェックイン。一応mountain viewと伝えたら「OKOK」と。

待ち合いロビーは何か地方のバスターミナルみたいな感じ。

意外と便数がある。やっぱり一般道路があの調子だから、バックパッカー以外の観光客と、ちっとお金持ちのネパール人は飛行機を使うみたい。

飛行機からヒマラヤ

「ネパールの国内線はかなり遅れるから、時間には余裕を持って!」と地球の歩き方には書いてあったが、今回は運が良かったのか30分くらいの遅延で無事に搭乗できた。この本の決まり文句みたいなフレーズだな。笑

あと海外旅行ばかりしてると、もはや30分は遅延の部類に入らないような錯覚に陥ってくるし。笑

小さい飛行機です。ヒンドゥー教国だけど、一応お坊さんもいるのね。

機内もこんな感じ。今回は1人席。機内は座席は1×2席の計3席。

Yeti Airlinesでは機首に向かって左側から1席、通路を挟んで2席の配置だったので、一人の場合は、混んでいない限り1人席をアサインされると思う。

いよいよ離陸

ヒマラヤ見えるかな

うーん。。微妙。。。

やっぱり見えない。笑 あの雲の向こう側なんだけどなぁ

20分程でカトマンズ上空へ。天気が悪い&空気が悪いで曇ってみえる

無事着陸。

カトマンズ空港の国内線ターミナルは、国際線のターミナルとは別の場所。一応出たところにプリペイドタクシーのスタンドがあるので、そこへ向かってタクシーを手配、そのままカトマンズ観光に行く事にした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする