イタリア旅行③フィレンツェ観光は自転車で!シェアサイクルのmobike(モバイク)が便利!

mobikeは中国発の世界最大のシェアサイクルサービス

フィレンツェのmobike

イタリア観光で絶対に外せないのがフィレンツェ
大聖堂や美術館など見どころがたくさん!

フィレンツェの街中は個性豊かななお店が立ち並んでいて、歩くだけでも楽しめる

だけど、道が狭いので移動手段徒歩がメイン

フィレンツェは昔行ったことがあるので、今回は2回目。そのときは歴史の本で見た大聖堂やミケランジェロ広場からの景色にやたら感動したのを覚えている。だけど、その時は観光客が行くようなところしか行ってないけど、移動手段がほぼ徒歩で歩き疲れた思い出が残っていた。

フィレンツェの観光客がよく行くスポット(駅~大聖堂~ミケランジェロ広場)の範囲は広くないけど、それでも端から端まで歩くと結構時間がかかった気がする。

もちろんバスやトラムもあるけど、車が通れる道があまりないので、結局はバス停から歩くはめになったりする

フィレンツェにはそんな、とにかく歩く!イメージがあったのだけど、今回(2018年)行ってみると画期的なシステムが導入されていた。

それが、mobike(モバイク)

これがmobike

mobikeは会社名で、要はシェアサイクル。中国発のベンチャー企業のようだが、世界各国でビジネスを展開していて、フィレンツェでもサービスを開始したらしい。

中国のシェアサイクルといえば、あふれんばかりの自転車が路上に止めてある写真で一躍有名になったが、中国国内の競争がし烈になったのか、世界進出の戦略をとっているらしい。

これが結構便利だった。

mobikeの4つの良いところ

自転車をアプリでカンタンに検索できる

今いる場所の近くの自転車はアプリで簡単にチェックできる。○マークが利用可能な自転車たち

このmobike、自転車は決められたところで貸し出し、返却するのではなく、好きなところで借りて、好きな場所に返却できる。

なので自転車は町中いたるところにあるし(乗り捨てられてるし)、自分も好きな場所に乗り捨ててOK!

解錠はアプリをかざすだけ

このQRコードを読み込むだけ

乗りたい自転車をアプリで選択したら、スキャン画面がでてくるので、自転車についているQRコードを読み込むだけ。ちゃんと読み込めたらその場で自動で解錠。

あらとってもカンタン!

スキャンするだけでOK

返却はいつでも好きな場所で

借りた自転車は自分の好きな場所で返却OK!目的地についたら入口に置いてもOKだし、途中で気になるお店があったらそこで返却してもOK。操作はアプリでこれまた簡単。

なにげない街中の様子だけど、よく見ると乗り捨てられたmobikeが!笑

料金はクレジットカード一括で便利

このmobike、乗った分だけ課金される仕組みで、料金はクレジットカード引き落とし。その場での清算とかは不要。しかも1回あたり個別清算なので、月会費もかからない。明朗会計で良き良き。

利用履歴と料金はアプリで簡単にチェック可能

とまぁこんな感じで便利で操作も簡単。

これまでのフィレンツェ観光は自分の足であるくのがメインだったけど、このmobikeを使えば今まで行きづらかったところも簡単に行けるようになってます。

フィレンツェ観光の際は、便利なmobikeを是非お試しあれ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

ツールバーへスキップ